シャトーコスデストゥルネル 1979 Chateau Cos d'Estournel 全国無料,100%新品

Vintage 1979年 生産者 エストゥルネル家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン65% メルロ19% カベルネ・フラン13% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・コス・デストゥルネル」 シャトー・ラフィット・ロートシルトを見下ろす丘の背に畑があり、ラベルにも描かれている中国風の建物を持ち、オリエンタルな雰囲気を醸し出しているサンテステフの名物シャトーです。1855年にメドック格付けで2級を獲得。ワイン名は、このブドウ畑がサンテステフ村の大地主、エストゥルネル家のものだったことに由来しています。コスは小石、「エストゥルネルの小石」と言う名前です。 《シャトー・コス・デストゥルネル》 しっかりした骨格と堅牢で頼りがいがあり、ゆっくり熟成させて味わうとその豊かな果実味は飲む者を陶酔させます。若いうちは大量の生き生きとした果実が、熟成を経るにつれてなめらかな深みがあらわれるすばらしいワインです。長期の熟成にも向いています。 シャトーコスデストゥルネル 1979 Chateau Cos d'Estournel 全国無料,100%新品

ルクラレンスドオーブリオン 2008 Le Clarence de Haut Brion 新品,正規品

Vintage2008年生産国フランス/ボルドー/グラーヴ生産者ドメーヌ・クラランス・ディロン品 種カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー カベルネ・フランタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 「シャトー・オー・ブリオン」 5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー グラーヴ地区ペサック村にある地区随一の名シャトーです。メドック外にもかかわらず、1855年に第一級に格付けされ、メドックの5大シャトーの中でも「通好みのワイン」と評判です。 シャトー・オー・ブリオンは、ボルドー・ワインのシャトーで、1855年のボルドーワインの格付けでは第1級に位置付けられたが、これはメドック外の土地が含まれる地所としては唯一の取得です。シャトー・オー・ブリオンは、48.35haに赤ブドウ種が植わっており、45.4%はメルロー種、43.9%がカベルネ・ソーヴィニヨン種、9.7%がカベルネ・フラン種、1%がプチ・ヴェルド種です。また2.87haには白ブドウ種が植わっていて、52.6%がセミヨン種、47.4%がソーヴィニヨン・ブラン種です。    《シャトー・オー・ブリオン ルージュ》 1855年にワインの格付けがされた際、メドック地区以外で取り上げられた唯一の造り手です。当時、いかにこの造り手の評価が高かったかという事を証明しています。優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増してきます。30年の熟成にも耐えることから、五大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”ワインとも言われています。 ルクラレンスドオーブリオン 2008 Le Clarence de Haut Brion 新品,正規品

シャトーレオヴィルラスカーズ 1981 蔵出 Chateau Leoville Las Cases 新作登場,新品

Vintage 1981年 生産者 ドゥロン家 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン65% メルロ19% カベルネ・フラン13% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml■ 実店舗と在庫を共有しているため稀に売り切れの場合がございま   すので、予めご了承下さいますよう、お願い申し上げます。 「シャトー・レオヴィル・ラスカーズ」 レオヴィル・ラスカーズの格付けは2級ですが、最近では“2級であるが品質は1級に劣らない”とされるシャトーの総称として「スーパーセカンド」という言葉が聞かれるようになってきました。フランス革命の後、レオヴィル侯爵の所有していた1つの畑が売却や遺産相続で分断され、現在はラス・カーズ、ポワフェレ、バルトンと、3つのレオヴィルが存在しています。 ラベルには“Grand Vin de Leoville du Marquis de Las-Cases”と本家本元を誇っていて(ボルドーとしては珍しくシャトーを名乗っていません)、18世紀にサン ジュリアンだけでなくメドック中で最高の精力を誇った貴族の領地だったからなのです。畑はジロンド河を望む砂利層の土地にあって、ラトゥールと境を接しています。もともとの侯爵の領地の半分をこのラス カーズが占めていて、その敷地はサン ジュリアンの集落からラトゥールまで続いています。集落の南の入り口にあるもとの侯爵家のシャトーはラス・カーズとポワフェレの間で2等分され、左側がラス・カーズの物となっています。 《シャトー・レオヴィル・ラスカーズ》 サンジュリアンでも最も色が濃く、最も晩熟と評されています。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっていますが、特徴的な豊かさ、深み、構造、全てのバランスがよく保たれた逸品です。 シャトーレオヴィルラスカーズ 1981 蔵出 Chateau Leoville Las Cases 新作登場,新品

シャトーコスデストゥルネル 2005 Chateau Cos d'Estournel 人気定番,安い

Vintage 2005年 生産者 エストゥルネル家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン65% メルロ19% カベルネ・フラン13% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・コス・デストゥルネル」 シャトー・ラフィット・ロートシルトを見下ろす丘の背に畑があり、ラベルにも描かれている中国風の建物を持ち、オリエンタルな雰囲気を醸し出しているサンテステフの名物シャトーです。1855年にメドック格付けで2級を獲得。ワイン名は、このブドウ畑がサンテステフ村の大地主、エストゥルネル家のものだったことに由来しています。コスは小石、「エストゥルネルの小石」と言う名前です。 《シャトー・コス・デストゥルネル》 しっかりした骨格と堅牢で頼りがいがあり、ゆっくり熟成させて味わうとその豊かな果実味は飲む者を陶酔させます。若いうちは大量の生き生きとした果実が、熟成を経るにつれてなめらかな深みがあらわれるすばらしいワインです。長期の熟成にも向いています。 シャトーコスデストゥルネル 2005 Chateau Cos d'Estournel 人気定番,安い

シャトーラコストボリー 2010 Ch.Lacoste Borie 安い,大得価

Vintage 2010年 生産者 ボリー家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネソーヴィニヨン47% メルロ37% カベルネフラン9% プティヴェルド7% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラコスト・ボリー」 デュクリュ・ボーカイユのボリーファミリーがポイヤックに所有しているシャトーです。オーナーのグザヴィエ・ボリー氏はデユクリュ・ボーカイユのオーナー、ブルーノ・ボリー氏の実兄です。数年前までデユクリュ・ボーカイユを取り仕切っていましたが、現在は弟さんに任せ、グラン・ピュイ・ラコストとオー・バタイィに専念するようになりました。 メドック5級に格付けされる “シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト”のセカンドワイン。 シャトー・ラコスト・ボリー 《シャトー・ラコスト・ボリー》 55haの畑は砂礫質に富みカベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー25%、カベルネ・フラン5%が栽培されています。ポイヤックながらソフトなタンニンと程よい厚みが感じられ、若くても熟成しても楽しめるワインです。 シャトーラコストボリー 2010 Ch.Lacoste Borie 安い,大得価

レフォールドラトゥール 2006 Les Forts de Latour セール,爆買い

Vintage2006年生産国フランス/ボルドー/ポイヤック生産者ラ・トゥール品 種カベルネ・ソーヴィニオン70% メルロー30%タイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 「レ・フォール・ド・ラトゥール」 14世紀、ボルドー地方がイギリス領だった時代、このシャトーの場所にはフランス軍を監視するためのイギリスの要塞がありました。この要塞が「ラトゥール(フランス語で「塔」の意)」です。ジャンヌ・ダルクで有名な百年戦争によってこの塔は崩壊され、シャトーも崩壊してしまいました。しかし、ラトゥールの復興を願うボルドーの人々の熱意により、シャトーは回復しました。ラトゥールは、ボルドーの北西、メドックのポーイヤック南東端に位置します。 その境界はサン・ジュリアンに接し、ジロンド川の河口岸から数百メートルの位置にあります。 農園では、全部で三種類の赤ワインを生産していて、グラン・クリュに加えて、ラトゥールは2番手のワインとして「レ・フォール・ド・ラトゥール」を1966年から、3番手としてシンプルな名の「ポーイヤック」を1990年から毎年生産しています。 農園には広さ78ヘクタールのぶどう畑がありますが、そのうちシャトー周辺部分47haが「ランクロ」と名付けられ、ここで「偉大なワイン」専用のブドウが育てられています。 ブドウの種類の構成は、カベルネ・ソーヴィニヨン種80%、メルロー種18%、カベルネ・フラン種とプチ・ヴェルド種とが2%となっています。グラン・クリュのシャトー・ラトゥールは、一般的にはカベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー20%、残りがプチ・ヴェルドとカベルネ・フランというブレンドで作られ、通常は年に18,000ケースを生産されています。 セカンド・ワインのレ・フォール・ド・ラトゥールは一般的にカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー30%というブレンドで、年間平均製造量は11,000ケースの生産量です。   『古典的な味わいで、名実ともにトップにランクされるシャトー・ラ・トゥール』はポイヤックとサン=ジュリアンの境という印象的な土地、壁をめぐらしたレオヴィル=ラス・カーズのブドウ畑のすぐ北に位置しています。ここで生産されるワインは非の打ちどころのない古典的なもので、多くの人がラトゥールをメドックの最上のワインと考えてきました。「女性的な」と形容されるマルゴー、ラフィットに対し、重厚丹精で力強い味は、男性的なワインの象徴である、とされています。また、いかなるヴィンテージにおいても素晴らしい品質を保つワインとしても有名です。  ■ レ・フォール・ド・ラトゥール セカンドとはいえ、レ・フォール・ド・ラトゥールの特徴は、ラトゥールそのものとびっくりするほど似ています。ラトゥールよりは若干軽く早く飲み頃になるだけであり、風味の違いは余程訓練を積んだテイスターでないとまったくわからないでしょう。ボルドーの有名シャトーで生産される最上のセカンド・ラベルであることに間違いありません。ワインはインクのような紫色 をしており、大柄な、凝縮感のある、甘いアロマはカシスやチェリ ーの果実、スパイス箱、西洋杉を思わせます。フルボディの、すごい 素質のあるワインです。  ● 2006年 パーカーポイント 92 ポイント Wine Advocate #181 (2009-02-25) レフォールドラトゥール 2006 Les Forts de Latour セール,爆買い

シャトーモンローズ 2005 Chateau Montrose 全国無料,大人気

Vintage 2005年 生産者 ジャン・ルイ・シャルモリュ 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネソーヴィニヨン メルロー カベルネ・フラン プティ・ヴェルド タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml■ 実店舗と在庫を共有しているため稀に売り切れの場合がございま   すので、予めご了承下さいますよう、お願い申し上げます。 「シャトー・モンローズ」 シャトー・モンローズは、サン・テステフのクリュ・クラッセの中でも最もジロンド河に近く位置します。恵まれたテロワールを持っています。『サン・テステフのラトゥール』とも呼ばれ、『格付が見直されることがあれば、メドックの1級に格付されるかもしれない』と、スーパー・セカンドの中で最も注目されているワインです。 《シャトー・モンローズ》 サンテステフのラトゥールと形容されるシャトー・モンローズ。しっかりとしたタンニンを持ち合わせた、ボルドーのクラシックスタイルの王道を行くワインです。 シャトーモンローズ 2005 Chateau Montrose 全国無料,大人気

シャトーラスコンブ 1996 Chateau LASCOMBES 新品,豊富な

Vintage 1996年 生産者 コロニー・キャピタル・ヨーロッパ 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン45% メルロ50% プチ・ヴェルド5% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラスコンブ」 1855年のメドック格付け後、その評価とはうらはらに、品質の向上が見られず、長年の間、2級の格付けには不相応と言われていました。現在でも、その印象があるのか、華々しいマルゴーのアペラシオンの中でも少し地味なシャトーですが、近年、突如華麗な変身を遂げました。 2001年にアメリカの投資会社が買収し、そこから瞬く間に素晴らしいワインが生み出されるようなりました。レイノー博士(キノー・ランクロ)、ミシェル・ロランなど、著名なコンサルタントを複数名招き、シャトーを徹底的に改善しました。特に生産量の面などでは買収、変革以前と比べるとなんと1/3程度になりました。もともと所有していた畑のテロワールも良かったことで、現在では2級の位に相応しい、モダンで華のあるワインに仕上がるようになりました。 【パーカーポイント 80点】 《シャトー・ラスコンブ》  メドック格付け第2級 カシスやコーヒー、スミレの花、香水のようなアロマに満ち溢れています。 酸味は控えめで、繊細で丸みを帯びたタンニン、力強さとエレガンスさが同居した濃厚かつ深みのある味わいが魅力的です。 シャトーラスコンブ 1996 Chateau LASCOMBES 新品,豊富な

シャトーマラルティックラグラヴィエール ルージュ 2005 Chateau Malartic Lagraviere Rouge 低価,大人気

Vintage 2005年 生産者 ボニー家 生産国 フランス/ボルドー/グラーヴ 品 種 メルロ50% カベルネ・ソービニヨン40% カベルネ・フラン10% タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「シャトー・マラルティック・ラグラヴィエール ルージュ」 ペサック・レオニャンから少し外れたところにあるこの美しい土地は過去何十年にも亘りマルリィ家が所有してきました。1990年にローラン・ペリエに売却されました。新しいオーナーの下でもほとんど変化はなく、1997年にベルギーの実業家アレクサンドル・ボニー氏に売却されることとなりました。アレクサンドル・ボニー氏は新しいセラーを建て、畑を再編してセミヨンを植樹しました。またミッシェル・ローランがコンサルタントとして招聘され、常住のエノロゴとしてフィリップ・ガルシアが雇われました。ボニー氏はめざましい動きで古いシャトーの隣にそのレプリカを建て、2つの建物を新しい正面玄関で繋ぎました。まるで成金の虚飾のような印象を受けますが、ボニー氏は謙虚で愛想の良い夫婦です。ボニー氏の投資は直ぐに質として現れました。赤、白共にステンレス・タンクでの発酵を行い、グラーヴの個性をよく表現したワインを生産しています。 《シャトー・マラルティック・ラグラヴィエール ルージュ》 力強いワインですが、スモーキーで土のニュアンスがあり、グラーヴ特有の個性を失うことはなく、熟成するにつれて魅力的になるワインです。 シャトーマラルティックラグラヴィエール ルージュ 2005 Chateau Malartic Lagraviere Rouge 低価,大人気

マルキドカロン 2013 Marqiis de Calon 新作登場,最新作

Vintage 2013年 生産者 ガスクトン家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「マルキ・ド・カロン」 『セギュール』はボルドーきっての名門セギュール家をさします。18世紀にセギュール家の当主だったニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール伯爵はメドック地区の中でも最高の村の一つとされているポイヤック村にあるシャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートンの3つのワインシャトーを所有しており「メドックのワイン王」と呼ばれていました。シャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールといった名だたるブドウ園を所有していても、彼が最も愛したのはこのカロン・セギュールだったのです。そしてセギュール伯爵は「我、シャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥールを造りしが、我が心はカロンに在り」という言葉を残しています。その後セギュール家はラフィットやラトゥールは手放しましたが、最後までこのカロンセギュールは手放しませんでした。現在、カベルン=ガスクトン夫人が所有者となっています。 ハートマークで人気のシャトー シャトー・カロン・セギュールのセカンドワイン。 マルキ・ド・カロン 《マルキ・ド・カロン》 『ハートのラベルが印象的なメドック3級のカロン・セギュール』のセカンドワイン。カシスやイチゴなどの赤・黒系果実の香りに、皮革やスミレの花、エスプレッソ、カロン・セギュール特有のビターチョコレートのようなニュアンスも感じることができます。 口に含むと、凝縮した果実味、甘やかなタンニン、綺麗な酸が備わった優美でエレガントなボルドーワインです。 マルキドカロン 2013 Marqiis de Calon 新作登場,最新作

シャトーカロンセギュール 2000 Chateau Calon Segur SALE,人気SALE

Vintage 2000年 生産者 ガスクトン家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・カロン・セギュール」 『セギュール』はボルドーきっての名門セギュール家をさします。18世紀にセギュール家の当主だったニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール伯爵はメドック地区の中でも最高の村の一つとされているポイヤック村にあるシャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートンの3つのワインシャトーを所有しており「メドックのワイン王」と呼ばれていました。シャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールといった名だたるブドウ園を所有していても、彼が最も愛したのはこのカロン・セギュールだったのです。そしてセギュール伯爵は「我、シャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥールを造りしが、我が心はカロンに在り」という言葉を残しています。その後セギュール家はラフィットやラトゥールは手放しましたが、最後までこのカロンセギュールは手放しませんでした。現在、カベルン=ガスクトン夫人が所有者となっています。 《シャトー・カロン・セギュール》 『ハートのラベルが印象的なメドック3級のカロン・セギュール』豊かな香りと、フルボディのしっかりとした味わいを持った優雅な赤ワイン。果実を濃縮させたような芳醇な香りを持ち、ボディは厚くてたくましく、かつしなやかなワインです。 ■ 2000年 パーカーポイント 91+ ポイント Wine Advocate #189 (2010-06-29) シャトーカロンセギュール 2000 Chateau Calon Segur SALE,人気SALE

カリュアドドラフィットロートシルト 2010 Carruades de Lafite Rothschild 高品質,格安

Vintage 2010年 生産者 ロスチャイルド家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン55% メルロー39% カベルネフラン3.5% プティ・ヴェルド2.5% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト」 1855年のパリ万博に際して行われた公式格付けでグラン・クリュ第1級の筆頭にランクされたのがシャトー・ラフィットでした。以来、新しい格付けの試みも幾度か行われはしたものの、シャトー・ラフィット・ロートシルトの王座は一度として揺らいだことはありません。ラフィットは幾多の変遷を経て競売に付されることになり、1868年、現在のロスチャイルド家が落札し所有者となりました。ロスチャイルド家は、1975年以降、フランスのワイン醸造技術の第一人者ペイノー博士をコンサルタントに迎えるなど、このシャトーの歴史と伝統にあまんじることなく、葡萄園とそのワインにさらに磨きをかけ続けています。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置し、シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっています。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70%、メルローが25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%です。ワインの生産量は年間3万5,000ケース(42万本)で、うち1万5,000から2万5,000ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されます。ワインのブレンド比率は、80%から95%がカベルネ・ソーヴィニョン、5%から20%がメルロー、3%前後がカベルネ・フランとプティ・ヴェルドとなっています。ブレンド比率はその年のブドウの出来具合によって変わります。 《カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト》 ワインの名前は1845年にラフィットが購入した、このシャトーで一番いい葡萄畑に隣接した区画の総称である「カリュアドの丘」に由来します。20世紀にシャトー・ラフィットと統合されるまでカリュアドは、それとは関係なく販売されていましたが、それ以降はセカンドワインとして世に送り出されています。ラフィットロートシルトと同じ畑の、主に若い樹齢の葡萄からつくられますが、実力は他のグランクリュの主要なワインに匹敵します。ファーストラベルよりメルロ比が高く、カリュアド用に指定された区画の葡萄も使用します。 ■ 2010年 パーカーポイント 94 ポイント Wine Advocate #205 (2013-02-28) カリュアドドラフィットロートシルト 2010 Carruades de Lafite Rothschild 高品質,格安

シャトーレヴァンジル 2011 Chateau L'Evangile 全国無料,本物保証

Vintage2011年生産国フランス/ポムロール生産者ロスチャイルド(ラフィット)品 種メルロ94% カベルネ・フラン6%タイプ赤/辛口/フルボディ内容量750ml 「シャトー・レヴァンジル」 シャトー・ラフィットが所有する『シャトー・レヴァンジル』 ラ・コンセイヤント、ペトリュス、ヴュー・シャトー・セルタンなど、ポムロル地区の数々の輝かしいシャトーに隣接しているシャトー・レヴァンジル。しかもサン・テミリオン地区のシュヴァル・ブランとも境を接しています。 シャトー・レヴァンジルは、18世紀の中頃まで“ファズィロー”という名で知られていましたがが、その後すぐ、“シャトー・レヴァンジル”となり、ワインは有名になりました。1990年にドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルドが所有し、 それ以来、ますます品質が向上し、実質的にはペトリュスやラ・フルール・ペトリュスと比較しても、遜色がないと言われているシャトーになりました。  ■ シャトー・レヴァンジル 2011年は、冬および春先に非常に乾燥した天候が続いた点が特徴と言える年です。メルロはリッチ感があり濃厚でしたが、夏の降水量が少なかったことで、収量は極度に低減しています。カベルネの粒は小さく果皮は厚く、非常に上質です。 紫色の光沢をもつ濃厚なカラーで、力強さがあり、良く熟した、表現豊かな香りが感じられます。グリオット種チェリーおよびカシスのノートを含む濃縮した香りです。味わいは、アタックに濃さがあり、良く熟したタンニンと上質な力強さを備え、凝縮性の高さがうかがえます。後味は絹のようになめらかで、上質なタンニンが、味わいを一層魅力的に仕上げています。  ● 2009年 パーカーポイント 94 ポイント Wine Advocate #201 (2012-06-30) シャトーレヴァンジル 2011 Chateau L'Evangile 全国無料,本物保証

パヴィヨンブランデュシャトーマルゴー 2006 Pavillon Blanc du Chateau Margaux 全国無料,豊富な

Vintage 2006年 生産者 メンツェロプロス家 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 ソーヴィニヨン・ブラン タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」 シャトー・マルゴーは、ジロンド県の県庁所在地ボルドーの北方、メドック地区マルゴー村にあります。マルゴー村はガロンヌ川河口部エスチュアリーの左岸に位置するワイン生産の好適地です。シャトーは262ヘクタールの敷地を有し、うちAOC認定の赤ワイン用ブドウの畑は87ヘクタールです。白ワイン用ブドウの畑も12ヘクタールありソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。 シャトー・マルゴーの年間の生産量は約35万本で、第1級の名声に達しないと判断された赤ワインはセカンドラベルの「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」として販売されます。ソーヴィニヨン・ブランから造られる辛口の白「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」も年間約4万本生産されています。 かつてはカベルネ・ソーヴィニヨン75パーセントを主体に、メルロー20パーセント、プティ・ヴェルドとカベルネ・フラン5パーセントを基本的なブレンドの比率としていましたが、2000年前後からやや傾向が変わり、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を83パーセントから86パーセントまで引き上げ、代わりにメルローの比率を落としています。 《パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー》 シャトー・マルゴーの作る白ワインです。メドックでは白を名乗れないため、アペラシオンはボルドーとなります。歴史は古く100年以上前から白ワインを作っているそうです。畑はメドックの土地では珍しく石灰質土壌を形成しており、ミネラル感が豊富で複雑なアロマが特徴です。 パヴィヨンブランデュシャトーマルゴー 2006 Pavillon Blanc du Chateau Margaux 全国無料,豊富な

イグレックドシャトーディケム 2000 “Y” Chateau d'Yquem 人気定番,正規品

Vintage 2000年 生産者 リュル・サリュース家 生産国 フランス/ボルドー 品 種 セミヨン ソーヴィニョン・ブラン タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ディケム」 フランスのアキテーヌ地方ジロンド県ソーテルヌ村にあるリュル=サリュース家所有のシャトー(ワイン生産者)で、世界最高の極甘口白ワインである貴腐ワインの生産者として知られています。 数百年の歴史を誇るボルドーでも最も古いシャトーの一つです。面積は100haほどで、生産されるワインは毎年秋に6万3千~7万本程度とされています。ぶどう品種は、セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20%で、ぶどうは粒単位で丹念に手作業で選別され、オークの新樽で3年熟成された後瓶詰めされます。不作の年はイケムの瓶に詰めないスタイルを取っている。そのため生産されない年が存在し1930,51,52,64,72,74年などは造られませんでした。よいヴィンテージのものは熟成に二十年以上かかるとされ、100年以上経っても、その輝きは失われないといわれています 《イグレック・ド・シャトー・ディケム》 イグレックは、天候不順や収穫したブドウが充分な貴腐の状態にない年の場合にのみ造られるため、安定した供給がありません。ディケムらしいブーケを持ちながら、樽香が強く、味は辛口で、通常は非常にフルボディ際立ってアルコール度数が高いワインです。 イグレックドシャトーディケム 2000 “Y” Chateau d'Yquem 人気定番,正規品

シャトーランシュバージュ 2011 Ch acirc;teau Lynch Bages 最新作,得価

Vintage2011年生産国フランス/ボルドー/ポイヤック生産者ミッシェル・カーズ氏品 種カベルネ・ソーヴィニヨン72% メルロ23% カベルネ・フラン3% プティ・ヴェルド2%タイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 シャトー・ランシュ・バージュ ムートンとラフィットに挟まれた絶好のロケーションに位置し 安定した品質に定評のあるシャトーです。 1855年の格付け時に5級だったにもかかわらず、ときに「スーパーセカンド」とも呼ばれるランシュ・バージュです。 畑は北側のムートン・ロスチャイルドとラフィット・ロスチャイルド、南側のピション・ラランドとピション・バロン、ラトゥールの中間にある抜群のポジションに位置しています。近年は毎年のように様々な評論家が高得点を連発しています。  ■ シャトー・ランシュ・バージュ “メドック格付け第五級” 2011年は過去2年のグレートヴィンテージと比べれば線の細いスタイルですが、力強いタンニンがあり、 新鮮でエレガントで、長期熟成能力も備えたワインを生み出すことが出来ました。熟した果実味が全面に出ており、ふくよかなタンニンがイキイキとした印象が伺えるワインです。 ■ 2011年 パーカーポイント 90 ポイント  Wine Advocate #212 (2014-04-30) シャトーランシュバージュ 2011 Ch acirc;teau Lynch Bages 最新作,得価

カリュアドドラフィットロートシルト 2000 Carruades de Lafite Rothschild SALE,本物保証

Vintage 2000年 生産者 ロスチャイルド家 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン55% メルロー39% カベルネフラン3.5% プティ・ヴェルド2.5% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト」 1855年のパリ万博に際して行われた公式格付けでグラン・クリュ第1級の筆頭にランクされたのがシャトー・ラフィットでした。以来、新しい格付けの試みも幾度か行われはしたものの、シャトー・ラフィット・ロートシルトの王座は一度として揺らいだことはありません。ラフィットは幾多の変遷を経て競売に付されることになり、1868年、現在のロスチャイルド家が落札し所有者となりました。ロスチャイルド家は、1975年以降、フランスのワイン醸造技術の第一人者ペイノー博士をコンサルタントに迎えるなど、このシャトーの歴史と伝統にあまんじることなく、葡萄園とそのワインにさらに磨きをかけ続けています。 シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置し、シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっています。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70%、メルローが25%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド2%です。ワインの生産量は年間3万5,000ケース(42万本)で、うち1万5,000から2万5,000ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷されます。ワインのブレンド比率は、80%から95%がカベルネ・ソーヴィニョン、5%から20%がメルロー、3%前後がカベルネ・フランとプティ・ヴェルドとなっています。ブレンド比率はその年のブドウの出来具合によって変わります。 《カリュアド・ド・ラフィット・ロートシルト》 ワインの名前は1845年にラフィットが購入した、このシャトーで一番いい葡萄畑に隣接した区画の総称である「カリュアドの丘」に由来します。20世紀にシャトー・ラフィットと統合されるまでカリュアドは、それとは関係なく販売されていましたが、それ以降はセカンドワインとして世に送り出されています。ラフィットロートシルトと同じ畑の、主に若い樹齢の葡萄からつくられますが、実力は他のグランクリュの主要なワインに匹敵します。ファーストラベルよりメルロ比が高く、カリュアド用に指定された区画の葡萄も使用します。 ■ 2000年 パーカーポイント 90 ポイント Wine Advocate #146 (2003-04-23) カリュアドドラフィットロートシルト 2000 Carruades de Lafite Rothschild SALE,本物保証

シャトーカノン 1988 Chateau Canon お買い得,低価

Vintage 1988年 生産者 ヴェルテメール家(シャネル社) 生産国 フランス/ボルドー/サンテミリオン 品 種 メルロー75% カベルネ・フラン25% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・カノン」 1980年代半ばまで、シャトー・カノンはリブルヌ地区では他とは比べ物にならないほど安定した品質のワインを産出していました。シャトーカノンは1919年以来フルニエ一族が所有していましたが1990年代になり、シャネル社がオーナーとなり、こだわった伝統的な製法で、力強く長寿でコクのあるワインを造っています。。 【パーカー ポイント 89点】 《シャトー・カノン 1988年》 最良の状態におけるカノンは、すばらしい芳醇さがあり、深みがあり、凝縮感があり、筋肉質で、フルボディで、熟成すると果実味が豊かであり、西洋杉の香りを持つとびきり上等のワインとなることがしばしばある。このワインがさほど知られていないことは不可解である。というのも、 カノンが1980年代にはサン=テミリオンの最高級ワインの 3つか4つの中に含まれていたことは確かだからである 。 『ロバート・パーカー ボルドー第4版』 より抜粋 シャトーカノン 1988 Chateau Canon お買い得,低価

シャトーカロンセギュール 1970 Chateau Calon Segur 新作入荷,新作

■ ラベルに経年の汚れがございます。 Vintage 1970年 生産者 ガスクトン家 生産国 フランス/ボルドー/サンテステフ 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン メルロ タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・カロン・セギュール」 『セギュール』はボルドーきっての名門セギュール家をさします。18世紀にセギュール家の当主だったニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール伯爵はメドック地区の中でも最高の村の一つとされているポイヤック村にあるシャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥール、シャトー・ムートンの3つのワインシャトーを所有しており「メドックのワイン王」と呼ばれていました。シャトー・ラフィット、シャトー・ラトゥールといった名だたるブドウ園を所有していても、彼が最も愛したのはこのカロン・セギュールだったのです。そしてセギュール伯爵は「我、シャトー・ラフィットとシャトー・ラトゥールを造りしが、我が心はカロンに在り」という言葉を残しています。その後セギュール家はラフィットやラトゥールは手放しましたが、最後までこのカロンセギュールは手放しませんでした。現在、カベルン=ガスクトン夫人が所有者となっています。 《シャトー・カロン・セギュール》 『ハートのラベルが印象的なメドック3級のカロン・セギュール』豊かな香りと、フルボディのしっかりとした味わいを持った優雅な赤ワイン。果実を濃縮させたような芳醇な香りを持ち、ボディは厚くてたくましく、かつしなやかなワインです。 ■ 1970年 パーカーポイント 80 ポイント Bordeaux Book, 3rd Edition #B1 (1998-01-01) シャトーカロンセギュール 1970 Chateau Calon Segur 新作入荷,新作

シャトーディケム 1993 Chateau d'Yquem 低価,格安

Vintage 1993年 生産者 リュル・サリュース家 生産国 フランス/ボルドー 品 種 セミヨン ソーヴィニョン・ブラン タイプ 白/極甘口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ディケム」 フランスのアキテーヌ地方ジロンド県ソーテルヌ村にあるリュル=サリュース家所有のシャトー(ワイン生産者)で、世界最高の極甘口白ワインである貴腐ワインの生産者として知られています。 数百年の歴史を誇るボルドーでも最も古いシャトーの一つです。面積は100haほどで、生産されるワインは毎年秋に6万3千~7万本程度とされています。ぶどう品種は、セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20%で、ぶどうは粒単位で丹念に手作業で選別され、オークの新樽で3年熟成された後瓶詰めされます。不作の年はイケムの瓶に詰めないスタイルを取っている。そのため生産されない年が存在し1930,51,52,64,72,74年などは造られませんでした。よいヴィンテージのものは熟成に二十年以上かかるとされ、100年以上経っても、その輝きは失われないといわれています 《シャトー・ディケム》 色は蜂蜜色で、輝きがあってしかも厚みのある色調です。ハチミツや菩提樹の香りが感じられます。口に含むとリッチで、ふくよかな甘味を感じますが、甘味は砂糖のそれとは全く違い、まずは蜂蜜を感じ、そして桃の缶詰のシロップを思わせます。ディケムでは、芳醇さが少しでも失われることを恐れて、決して濾過処理を行いません。 シャトーディケム 1993 Chateau d'Yquem 低価,格安

パヴィヨンブランデュシャトーマルゴー 2004 Pavillon Blanc du Chateau Margaux セール,100%新品

Vintage 2004年 生産者 メンツェロプロス家 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 ソーヴィニヨン・ブラン タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」 シャトー・マルゴーは、ジロンド県の県庁所在地ボルドーの北方、メドック地区マルゴー村にあります。マルゴー村はガロンヌ川河口部エスチュアリーの左岸に位置するワイン生産の好適地です。シャトーは262ヘクタールの敷地を有し、うちAOC認定の赤ワイン用ブドウの畑は87ヘクタールです。白ワイン用ブドウの畑も12ヘクタールありソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。 シャトー・マルゴーの年間の生産量は約35万本で、第1級の名声に達しないと判断された赤ワインはセカンドラベルの「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」として販売されます。ソーヴィニヨン・ブランから造られる辛口の白「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」も年間約4万本生産されています。 かつてはカベルネ・ソーヴィニヨン75パーセントを主体に、メルロー20パーセント、プティ・ヴェルドとカベルネ・フラン5パーセントを基本的なブレンドの比率としていましたが、2000年前後からやや傾向が変わり、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を83パーセントから86パーセントまで引き上げ、代わりにメルローの比率を落としています。 《パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー》 シャトー・マルゴーの作る白ワインです。メドックでは白を名乗れないため、アペラシオンはボルドーとなります。歴史は古く100年以上前から白ワインを作っているそうです。畑はメドックの土地では珍しく石灰質土壌を形成しており、ミネラル感が豊富で複雑なアロマが特徴です。 パヴィヨンブランデュシャトーマルゴー 2004 Pavillon Blanc du Chateau Margaux セール,100%新品

ブラゾンディッサン 2010 Blason d’Issan 送料無料,2019

Vintage 2010年 生産者 クリュズ家 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン70% メルロ30% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「 ブラゾン・ディッサン 」 メドック地区格付で第3級ながら、数年前までは「格下げすべき」という評価をされ、価格も第5級並みで販売されていたディッサンですが、ここ近年で品質の向上が目覚しく、パーカーポイントも高得点(1999年・89点、2000年・93点を獲得)がでてきています。近年の品質向上ほど現在の価格はまだ値上がりしていないのでお買い得なワインです。 シャトーディッサンはメドックで最も古いシャトーのひとつです。第1次世界大戦直前にロワの子孫によって売却されてからは、評価が低迷し続けました。ル・クラスマンの評価で「ジロンド河沿いにまばゆいばかりのテロワールを享受する真のシャトーである」とコメントされるほど潜在力のある、メドック特にマルゴーでは珍しく1ヶ所にまとまった素生の良い畑を整備しなおし評価を上げてきたのが、1945年に所有権を得た現オーナーのクルーズ家です。カベルネ・ソービニヨンの割合が多く、タンニンが強いのに、マルゴー村らしい「女性的な味わい」が顕著に表れる素晴らしいテロワール。濃く深いのに、若いうちから楽しめ、ある程度熟成もさせられる味わいは、1995年セカンドワイン導入以降、さらに1997年以降は先代からシャトーを完全に引き継いだエマニュエル・クルーズ氏になったことで、より安定感が出て来て精度が増しています。 グランクリュ格付け第3級 シャトー・ディッサンのセカンドワイン。 ブラゾン・ディッサン 《ブラゾン・ディッサン》 スミレの香水やカシスの果実の香りがし、エレガントでデリケートで、しなやかな風味を持っているワインです。 ブラゾンディッサン 2010 Blason d’Issan 送料無料,2019

ロラトワールドシャススプリーン 2007 L'Oratoire de Chasse Spleen 格安,爆買い

Vintage 2007年 生産者 リュリトン家 生産国 フランス/ボルドー/ムーリ 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン80% メルロー20% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ロラトワール・ド・シャス・スプリーン」 シャス・スプリーンは傑出したシャトーである。過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し、3級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと丸みのあるしっかりとした風味で特徴づけられている。(ボルドー第4版より抜粋) クリュ・ブルジョワ級筆頭の シャトー・シャス・スプリーンのセカンドワイン。 ロラトワール・ド・シャス・スプリーン 《ロラトワール・ド・シャス・スプリーン》 フルーツや木の香りなど、ニュアンスに富んだ香りがあり、味わいがしっかりしています。非常に伝統的な製法を守り、マロラクティック発酵の後も、瓶詰めの前にも、ろ過をしない、メドックでも極少数のシャトーのひとつです。 ロラトワールドシャススプリーン 2007 L'Oratoire de Chasse Spleen 格安,爆買い

レフォールドラトゥール 2002 Les Forts de Latour SALE,大人気

Vintage2002年生産国フランス/ボルドー/ポイヤック生産者ラ・トゥール品 種カベルネ・ソーヴィニオン70% メルロー30%タイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 「レ・フォール・ド・ラトゥール」 14世紀、ボルドー地方がイギリス領だった時代、このシャトーの場所にはフランス軍を監視するためのイギリスの要塞がありました。この要塞が「ラトゥール(フランス語で「塔」の意)」です。ジャンヌ・ダルクで有名な百年戦争によってこの塔は崩壊され、シャトーも崩壊してしまいました。しかし、ラトゥールの復興を願うボルドーの人々の熱意により、シャトーは回復しました。ラトゥールは、ボルドーの北西、メドックのポーイヤック南東端に位置します。 その境界はサン・ジュリアンに接し、ジロンド川の河口岸から数百メートルの位置にあります。 農園では、全部で三種類の赤ワインを生産していて、グラン・クリュに加えて、ラトゥールは2番手のワインとして「レ・フォール・ド・ラトゥール」を1966年から、3番手としてシンプルな名の「ポーイヤック」を1990年から毎年生産しています。 農園には広さ78ヘクタールのぶどう畑がありますが、そのうちシャトー周辺部分47haが「ランクロ」と名付けられ、ここで「偉大なワイン」専用のブドウが育てられています。 ブドウの種類の構成は、カベルネ・ソーヴィニヨン種80%、メルロー種18%、カベルネ・フラン種とプチ・ヴェルド種とが2%となっています。グラン・クリュのシャトー・ラトゥールは、一般的にはカベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー20%、残りがプチ・ヴェルドとカベルネ・フランというブレンドで作られ、通常は年に18,000ケースを生産されています。 セカンド・ワインのレ・フォール・ド・ラトゥールは一般的にカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー30%というブレンドで、年間平均製造量は11,000ケースの生産量です。   『古典的な味わいで、名実ともにトップにランクされるシャトー・ラ・トゥール』はポイヤックとサン=ジュリアンの境という印象的な土地、壁をめぐらしたレオヴィル=ラス・カーズのブドウ畑のすぐ北に位置しています。ここで生産されるワインは非の打ちどころのない古典的なもので、多くの人がラトゥールをメドックの最上のワインと考えてきました。「女性的な」と形容されるマルゴー、ラフィットに対し、重厚丹精で力強い味は、男性的なワインの象徴である、とされています。また、いかなるヴィンテージにおいても素晴らしい品質を保つワインとしても有名です。  ■ レ・フォール・ド・ラトゥール セカンドとはいえ、レ・フォール・ド・ラトゥールの特徴は、ラトゥールそのものとびっくりするほど似ています。ラトゥールよりは若干軽く早く飲み頃になるだけであり、風味の違いは余程訓練を積んだテイスターでないとまったくわからないでしょう。ボルドーの有名シャトーで生産される最上のセカンド・ラベルであることに間違いありません。ワインはインクのような紫色 をしており、大柄な、凝縮感のある、甘いアロマはカシスやチェリ ーの果実、スパイス箱、西洋杉を思わせます。フルボディの、すごい 素質のあるワインです。  ● 2002年 パーカーポイント 90-92 ポイント ボルドー第4版 レフォールドラトゥール 2002 Les Forts de Latour SALE,大人気

ルパン 2007 Le Pin 人気,品質保証

Vintage 2007年 生産者 ティアンポン家 生産国 フランス/ボルドー/ポムロール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ル・パン」 1979年に、ヴィユー・シャトー・セルタンを所有するティアンポン家が、隣接した小さなシャトー、ル・パンを手に入れました。わずか2haの畑から生産されるワインは 極小量(年平均8,000本) で、このわずかな本数が世界中に分割されます。 ル・パンは、マロラクティック発酵をオークの新樽で行った、 ボルドーで最初のシャトーの1つです。 現在浸透している、まろやかな右岸のスタイルの先駆けとなりました。 ■ ル・パン Le Pin [2007] ポムロールで最もエキゾチックで華やかと称されるスタイルのワインです。華やかで、感動的な一種独特の味わいの所以は、ポムロルの丘陵のちょうど中ほど、 鉄分豊富な砂利質の土壌に由来しています。アロマはエキゾティックな香りが強く、構成の一つ一つは個性的で、しかしボディは実直です。重くツヤのあるエキス状の液体にまず衝撃を受け、そして優しく包み込むような余韻がゆっくりとやってくる魅力溢れるワインです。1981年がファーストヴィンテージで、歴史の浅いシャトーですが、ワインは極めて高い評価を得ています。 ルパン 2007 Le Pin 人気,品質保証

シャトーグリュオーラローズ 1989 Chateau Gruaud‐Larose 100%新品,新品

Vintage 1989年 生産者 ジャン・メルロー氏 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン57% メルロ31% カベルネ・フラン7% プティ・ヴェルド3% マルベック2% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・グリュオー・ラローズ」 1757年グリュオー氏によって創設されたこのシャトーは、ボルドーの村の中でも最もシャトーの集中度が高いサン・ジュリアン村にあります。シャトー・ベイシュヴェルとシャトー・ブラネール・デュクリュの西隣に位置しています。ボルドーの数あるシャトーの中でも、ポイヤック村のシャトー・ラトゥールと並び、良質のワインを毎年生産することで非常に高く評価されています。ラベルには「ワインの中の王、王のためのワイン」と書かれ、シャトー・タルボーと共にサン・ジュリアン特有の、なめらかで優しい飲み口を持つワインの代表格と言うことができるでしょう。 サン・ジュリアンきっての人気を誇る シャトー・グリュオー・ ラローズ 《シャトー・グリュオー・ラローズ》 ブラックベリーやプラム、ラズベリーなどの赤・黒系果実が高く香り、コーヒーや腐葉土、スパイス、なめし革、ミント、なども感じられます。味わいは、アタックは強めで、強固なタンニンと豊かな酸がありますが、時間とともに徐々に丸みを帯びてきます。 シャトーグリュオーラローズ 1989 Chateau Gruaud‐Larose 100%新品,新品

シャトーラトゥールマルティヤック ルージュ 2012 Chateau Latour Martillac Rouge 新作登場,セール

Vintage 2012年 生産者 ファミーユ・クレスマン 生産国 フランス/ボルドー/グラーヴ/ペサック・レオニャン 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン65% メルロ32% プティ・ヴェルド3% タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラトゥール・マルティヤック ルージュ」 ラトゥール・マルティヤックは古いシャトーではなく、歴史は19世紀半ばまでしか溯(さかのぼ)ることはできないシャトーです。しかし、ボルドーでも最も有名な家のひとつ、クレスマンによって1930年から所有され、現在トリスタン・クレスマンに管理され高品質なワインを造り出しています。20世紀初頭までは白ワインのみを作っていましたが、現在では赤ワインの比率の方が多くなってきています。 【シャトー・ラトゥール・マルティヤック ルージュ】 発酵は温度調節されたステンレス鋼の発酵槽で3週間。収量の一部は新樽でマロラクティック発酵を行います。ワインは50%が新しいオーク樽の中で熟成し、3ヵ月ごとに澱引きされます。 《シャトー・ラトゥール・マルティヤック ルージュ》 色が濃く、しっかりしたタンニンンを持つワインです。カベルネ・ソーヴィニヨン種がワインに骨格を与え、メルロー種がボディに滑らかさとふくよかさを与えます。滑らかな飲み口を持ち、後味にしっかりとした渋味が残るワインです。 シャトーラトゥールマルティヤック ルージュ 2012 Chateau Latour Martillac Rouge 新作登場,セール

シャトーラグランジュ 2005 Chateau Lagrange 2019,爆買い

Vintage 2005年 生産者 サントリー 生産国 フランス/ボルドー/サンジュリアン 品 種 カベルネ・ソーヴィニオン46% メルロー45% プチヴェルド9% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ラグランジュ」 【シャトーの歴史】 シャトーの歴史は古く、17世紀頃のワイン地図に既に記載されています。1842年にルイ・フィリップ朝において内務大臣などを歴任したデュシャテル伯爵が所有者となり、1855年のメドック格付けで3級に格付けされました。しかし、その後経済状況の悪化により所有者が入れ替わり、品質が低下します。1983年にサントリーが購入。かつてボルドー大学で醸造研究所長を務めていた醸造学者で、シャトー マルゴーの再生も成し遂げていたエミール・ペイノー博士に協力を要請。ペイノー門下生であるマルセル・デュカス氏が社長に、同じくペイノー氏の元で学んだサントリーの鈴田 健二氏が副会長に就任し、畑から醸造所、シャトーまで徹底的な改革を行い、ラグランジュは復活を遂げ、世界に認められるワインへと成長しました。 【栽 培】 作付面積は117haで、その内赤用品種が113haとなります。2つのなだらかな丘陵が広がる、沖積層の砂礫質土壌で、表土は珪土・砂利質、その下は粘土・石灰岩質の土壌です。リュット・レゾネを実践し、2005年にテラ・ヴィラティスの認証を取得しています。また、畑の間には草を生やすことにより草が水分を吸って余計な水分を自然と減らすことができるようにするなど、自然との共生を目指したワイン造りに転換しています。1haあたり7,500から8,500株という植樹密度。3本の針金を張ったメドック仕立てで、多くの日照量を得るために添え木をして枝を広げます。畑は105区画に区分され、区画毎に成熟度を管理し、手摘みで収穫、選果台で選果が行われています。 ■ シャトー・ラグランジュ ステンレスタンクでアルコール発酵と醸しを行い、その後マロラクティック発酵を20℃で行います。各キュヴェの品質をチェックして選別、アッサンブラージュを行い、新樽比率60%で18~20ヶ月間樽熟します。 《シャトー・ラグランジュ》 美しい果実味と豊かで溶け込んだタンニンがあり、芳醇で長い余韻が感じられる、長期熟成タイプのワインです。 シャトーラグランジュ 2005 Chateau Lagrange 2019,爆買い

シャトーパルメ 1994 Chateau Palmer HOT,お得

Vintage 1994年 生産者 シャトー・パルメ 生産国 フランス/ボルドー/マルゴー 品 種 カベルネ・ソーヴィニヨン47% メルロ47% プチ・ヴェルド6% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・パルメ」 1814年、イギリス人のチャールズ・パルメ少将はフランスに渡り、莫大な資産をもとにシャトー・ガスクを手に入れ自らの名前を付けました。これがシャトー・パルメの始まりです。畑は、マルゴーやローザン・セグラに隣接していて、ジロンド川に向かってゆっくりと傾斜しているという、マルゴー地区の中でも最高の場所にあります。シャトー・パルメはマルゴー村の第3級シャトーながら評価において第2級を抜くことも多く、現状は1級と2級の間の価格で取引される準2級的シャトーとも言えます。 【パーカーポイント 86点】 《シャトー・パルメ》  メドック格付け第3級 比率が高いメルローからもたらされる華やかな香りと、マルゴーらしい豊満なボディにエレガントな味わい。熟成が進むにつれて、タンニンが柔らかくなり、香りがより一層華やかになります。 シャトーパルメ 1994 Chateau Palmer HOT,お得

シャペルドポタンサック 2009 Chapelle de Potensac 新作,人気SALE

Vintage 2009年 生産者 ドロン家 生産国 フランス/ボルドー/メドック 品 種 メルロ57% カベルネ・ソーヴィニヨン43% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャペル・ド・ポタンサック」 メドックのブルジョワ級シャトーであるポタンサックは、北部メドックとしては異例とも言うべき高い評価を受けています。所有するドゥロン家は銘酒ラス・カズ、ネナンも所有しており一貫して一級品を生産しています。 ボルドー、ブルジョワ級として、高い評価を受けている シャトー・ポタンサックのセカンドワイン。 シャペル・ド・ポタンサック 《シャペル・ド・ポタンサック》 レオヴィル・ラス・カーズのオーナー”ドロン家”が所有するシャトーです。2003年のクリュ・ブルジョワの格付け見直しでクリュ・ブルジョワ・エクセプショネルに格付けされたシャトー・ポタンサックのセカンドワインです。ルビーからガーネットに変わり始めているような色合いで、カシスやブルーベリーの果実、パウンドケーキのような甘い香り、スパイス&鉄っぽい香りの余韻にインクっぽいアルコール香となかなか複雑でボリューム感もあります。 シャペルドポタンサック 2009 Chapelle de Potensac 新作,人気SALE

シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1988 Ch.Pichon Longueville Comtesse de Lalande 定番人気,正規品

■ ラベルに経年による汚れがございます。 Vintage 1988年 生産者 ルイ・ロデレール社 生産国 フランス/ボルドー/ポイヤック 品 種 カベルネ・ソーヴィニョン45% メルロー35% カベルネ・フラン12% プティ・ヴェルド8% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド」 シャトー・ピション・ロングヴィルだったブドウ畑は、このコンテス・ド・ラランドと向かいのバロンに分割されました。ラトゥールと隣接する75haの畑のうち11haがサン・ジュリアン村に入り込んでいます。ポイヤック村の1級、ラフィット、ラトゥール、ムートンに肩をならべられるほどのワインを常にリリースしているのが、2級のピション・ラランドです。ヴィンテージによっては1級の品質評価を示すことがあり、スーパー・セカンドといわれる優れたワインの一つです。 《シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド》 格付け2級を超えるスーパーセカンド。 メルロの比率が35%と高いため、柔らかく、膨らみのある味わいを感じさせる果実味と、まろやかなタンニンがエレガントな余韻を残します。 シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1988 Ch.Pichon Longueville Comtesse de Lalande 定番人気,正規品

シャトージョルディ 1989 Chateau Jordi 人気SALE,品質保証

Vintage 1989年 生産者 シャトー・ジョルディ 生産国 フランス/ボルドー/メドック/ムーリス 品 種 メルロ73% カベルネ・ソーヴィニヨン25% プティ・ヴェルド2% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「シャトー・ジョルディ」シャトー・ジョルディは ムーリスに古くからある小さなシャトーです。 中世から続く歴史ある葡萄園が元となっており、近年ムーリスのワインもカベルネ主体が多くなってきましたが、ジョルディは頑なにメルロ主体でのワイン造りを行っております。所有する畑は7haしかなく、しかも栽培されている約60%の葡萄は1920年と1944年の間に植樹されたものという古樹です。 収穫は全て手摘みで行われ、1980年代からボルドーやマコンのコンクールで金賞・銀賞を獲得するなど、その評価は昨日今日に築き上げられたものではありません。 ワインの熟成には、 オークの新樽(50%) と シャトー・ラトゥールで使われた樽(50%) を 半々に使用して熟成されます。 《シャトー・ジョルディ 1989》 熟成を感じさせる、オレンジがかったガーネット色で、紅茶や土、すいかの香りが印象的です。口に含むと、古酒らしい程よく枯れた感じもありながら、力強さも残っていて、しっかりした骨格と肉厚な部分も感じられます。余韻は長めで、アフターにはわずかにオレンジピールのような柑橘系のニュアンスも感じられます。時間の経過とともに徐々に変化が見られる。柔らかく丸みがあり、上品な印象は、美しく歳を重ねた女性を思わせます。この価格で古酒の何たるかを知るには、うってつけの一本です。 シャトージョルディ 1989 Chateau Jordi 人気SALE,品質保証