ルイジャドサンヴェラン 2013 Louis Jadot Saint Veran 最安値,最新作

Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サン・ヴェラン》 果実味を保つため、瓶詰めはかなり早めに行わます。花の香りが特徴的で、菩提樹や、蜂蜜、かすかにスパイスや、焼いたパンの香りを思わせます。柔らかな果実味の中にシャキッとした酸味と苦みが心地良く感じられます。3~8年は熟成・保存させることができます。 サン・ヴェランはブルゴーニュ南部のワインの中で“上品な花”といわれています。マコネ地区のすばらしい白ワインを産する畑の中心にあるミリー・ラマルティヌ道路を通ると、サン・ヴェラン村を見つけることができます。《ドメーヌ・ド・クーリ》はソリュトレの丘の裏側の緩やかな傾斜にあり、AOCプイィ・フュイッセに接しています。 土壌はジュラ紀の粘土‐石灰岩質で、それがシャルドネ種を最良に熟させることができます。 ルイジャドサンヴェラン 2013 Louis Jadot Saint Veran 最安値,最新作

ルイラトゥールシャンベルタンキュヴェエリティエラトゥール 2006 Louis Latour Chambertin “Cuv eacute;e H eacute;ritiers Latour” 豊富な,2019

Vintage 2006年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ジュヴレ・シャンベルタン  グラン・クリュの畑がきら星のように集まっている、その中心とも呼べる、シャンベルタンをルイ・ラトゥール家は19世紀後半から所有しています。このシャンベルタン“キュヴェ・エリティエ・ラトゥール”は、濃縮した果実味と雄大な土壌がしっかりとタッグを組み、繊細かつよく熟成したピノ・ノワールの快活さと濃縮さが表現されています。しっかりとした濃厚な余韻が印象的であり、更なる熟成とともに、滑らかさと複雑さが増していきます。このアペレシオンの特徴として、寿命の長さがあげられます。 《ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール》 《2006 vintage》 レースのような優美なワイン。赤すぐりの繊細な香り。ミネラルを感じる非常に長い余韻。直ぐにでも楽しめますが、更に熟成させることで楽しみは増すでしょう。 【ワイン・スペクテイター 2009年5月 93ポイント】 新鮮な熟れたチェリー、スパイスとミネラル感のコンビネーション。シルクのようなテクスチャーとしっかりとしているが、融合したタンニンのコンビネーション。これらがワインを魅力的で表現に富むものにしている。チェリーと石を感じさせる余韻が長く続く、調和のとれた高級ワイン。2012年~2025年が飲み頃。 ルイラトゥールシャンベルタンキュヴェエリティエラトゥール 2006 Louis Latour Chambertin “Cuv eacute;e H eacute;ritiers Latour” 豊富な,2019

ルイラトゥールエシェゾー 2010 Louis Latour Clos Vougeot 新作,正規品

Vintage 2010年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ エシェゾー  コート・ド・ニュイ地区、ヴォーヌ・ロマネ村とヴージョ村の間に位置する約30haのグラン・クリュが生みだす最上級の赤ワイン。きめ細かさと優雅さをあわせもつ洗練された味わいです。このワインは力強さとフィネスを併せ持つ、伝統的なブルゴーニュのワインです。 《ルイ・ラトゥール エシェゾー》 色合いは濃く、黒すぐりを思わせる香りがはっきりと感じられ、広がります。味わいは、ヴェルベットのようになめらかで、複雑な果実味が広がります。味わいに様々な要素があり、口中に広がります。黒い果実のフレーヴァーと丁子やヴァニラを含む、よりスパイシーなフレヴァーが表れます。複雑で長い余韻を持ち、熟成のすばらしい可能性を秘めています。 ルイラトゥールエシェゾー 2010 Louis Latour Clos Vougeot 新作,正規品

DRC ロマネサンヴィヴァン 2007 DRC Romanee St Vivant 大得価,HOT

Vintage 1999年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・サン・ヴィヴァン コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC ロマネ・サン・ヴィヴァン】 ロマネ・コンティとリシュブールの東に広がり、斜面の下部に位置。繊細さの極みともいうべき風味の中に、大地からくるミネラルやハーブを思わせるようなニュアンスがまじり、特有の気品ある世界を織り成しています。5.28ヘクタールのピノ・ノワール種のブドウ畑で、年間1500ケースのワインが製造されます。坂の下方の深い土で製造されるため、他のワインに比べて軽いのが特徴です。 DRC ロマネサンヴィヴァン 2007 DRC Romanee St Vivant 大得価,HOT

ルイラトゥールアロースコルトン“ドメーヌラトゥール” 2013 Louis Latour Aloxe Corton “ Domaine Latour ” 新品,HOT

Vintage2013年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ アロース・コルトン“ドメーヌ・ラトゥール” このアペラシオンは、コート・ドールのぶどう畑の中で最も風光明媚な地域であると言えます。威風堂々としたコルトンの丘に護られるようにして、のどかなアロース・コルトン村が裾野に広がっています。ラトゥール家はこの村の出身で、300年以上にわたりこの村に深く関わりをもっています。今日では村一番名高い、優れたぶどう栽培者として多くの人々の尊敬を集めています。 ■ ルイ・ラトゥール アロース・コルトン“ドメーヌ・ラトゥール” このワインは、招き入れるような暖かい赤色をし、土臭さ、スパイシーさ、そしてタンニンを感じさせ、それらは熟成とともに美しく溶け合っていきます。 ルイラトゥールアロースコルトン“ドメーヌラトゥール” 2013 Louis Latour Aloxe Corton “ Domaine Latour ” 新品,HOT

ドメーヌルロワ ブルゴーニュアリゴテ 2012 Domaine Leroy Bourgogne Aligote 人気定番

Vintage 2012年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 アリゴテ種 タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《ドメーヌ・ルロワ ブルゴーニュ・アリゴテ》 ボリュームのある果実味と豊富な酸が見事に調和、長期熟成にも耐えうるワインです。1988年より、ビオディナミ農法を開始して以来、2000年には素晴らしいぶどうが収穫されるようになったオークセイ・デュレス付近に位置する畑(2.5haを所有)から造られています。 ドメーヌルロワ ブルゴーニュアリゴテ 2012 Domaine Leroy Bourgogne Aligote 人気定番

ルイラトゥールリュリーブラン 2014 Louis Latour Rully Blanc HOT,大人気

Vintage2014年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種シャルドネタイプ白/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ リュリー・ブラン コード・ドールから南に移動していくと最初に現れるのがリュリー村です。リュリーは、粘土と石灰質が混ざった土壌もしくは、純粋な石灰質で、シャルドネ種の生育に最適とされる土壌です。生産量が比較的少なく、栽培地域が広域にわたることから、常に高品質のリュリーをつくることは容易なことではありません。 ■ ルイ・ラトゥール リュリー・ブラン 緑がかった淡いレモン・ゴールド。アカシアの花と新鮮な夏の果実を思わせる香りが快く豊かに広がります。口中に広がるヘーゼルナッツの余韻を長く楽しむことができます。 ルイラトゥールリュリーブラン 2014 Louis Latour Rully Blanc HOT,大人気

ルイラトゥールマコンヴィラージュシャムロワ 2014 Louis Latour Macon Villages Chameroy 高品質,低価

Vintage2014年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種シャルドネタイプ白/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ マコン・ヴィラージュ・シャムロワ ルイ・ラトゥール社では品質の高さを第一に考え、マコン・ヴィラージュの中で最も高く評価される畑を所有する栽培農家からぶどうを買い付け、醸造を行っています。ワインは収穫の翌年の春には、ボーヌ郊外のクロ・シャムロワにあるルイ・ラトゥール社のセラーで瓶詰めされます。こうしてマコン・ヴィラージュ“シャムロワ”は高貴な雰囲気を醸し出すシャルドネの個性と、この土地の石灰質土壌いわゆるテロワールの特性が一体となり、ブルゴーニュの白ワインの中でも特にクラシックなスタイルを表現しています。まずはフレッシュな印象、そしてクリームのようなブーケが心地よく広がり、後に余韻となって楽しめます。 ■ ルイ・ラトゥール マコン・ヴィラージュ・シャムロワ 美しい明るい麦藁色。熟れたりんごのような甘い果実の香りが特徴的です。味わいは、ドライで、新鮮な柑橘類とりんごフレーヴァー。長くなめらか余韻が楽しめるワインです。 ルイラトゥールマコンヴィラージュシャムロワ 2014 Louis Latour Macon Villages Chameroy 高品質,低価

ドメーヌルロワ ジュヴレシャンベルタン 2011 Domaine Leroy Gevrey Chambertin 限定セール,セール

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《ドメーヌ・ルロワ ジュヴレ・シャンベルタン》 年間平均生産数1000本に満たない、貴重で稀少なジュヴレ・シャンベルタンです。逞しい骨格と充実したミネラルがあり、緻密さと優雅さを兼ね備え、骨格がしっかりとしています。ドメーヌ・ルロワならではのトロリとしたエキスが表現されているワインです。 ドメーヌルロワ ジュヴレシャンベルタン 2011 Domaine Leroy Gevrey Chambertin 限定セール,セール

ルイジャド マルサネ ルージュ 2013 Louis Jadot Marsannay Rouge 本物保証,低価

■ 商品画像は2009年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド マルサネ ルージュ》 マルサネ村はコート・ドール県の北端、ディジョン市の郊外にあり、またジュヴレイ・シャンベルタン村からおよそ5km北にあります。1987年、マルサネ村はそのAOCを与えられ、赤・白・ロゼの3色のAOCを持つ唯一のVillage Appellation〔村名AOC〕となりました。 繊細なブーケは黒イチゴやプルーン、黒スグリと思われる香りがし、熟成するとムスク(麝香)の香りが表われます。このワインはタンニンが豊富でとても柔らかい味わいです。 ルイジャド マルサネ ルージュ 2013 Louis Jadot Marsannay Rouge 本物保証,低価

ルイジャドボージョレヴィラージュ ブラン “グランクロドロワズ” シャトーデジャック 2014 Louis Jadot Beaujolais Villages Blanc “Grand Clos de Loyse” Chateau des Jacques

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ・ブラン “グラン・クロ・ド・ロワズ” シャトー・デ・ジャック》 軽やかで果実味たっぷり、辛口でありながらデリケートな味わいです。とてもチャーミングなワインです。 1996年にルイ・ジャド社が購入したシャトー デ ジャックは、おそらくボージョレで最もプレスティージの高い生産者です。シャトー・デ・ジャックは、ボージョレの10クリュの中心にあるロマネッシュ・トラン村の約36haの畑を所有し、そのうち9haのグラン・クロ・ド・ロワズ畑にシャルドネ種が植えられています。この畑から造られる白ワインは2つのAOC、ボージョレ・ヴィラージュ・ブランとマコン・ブラン・ヴィラージュのどちらかを選択することができます。 ルイジャドボージョレヴィラージュ ブラン “グランクロドロワズ” シャトーデジャック 2014 Louis Jadot Beaujolais Villages Blanc “Grand Clos de Loyse” Chateau des Jacques

ルイジャド サヴィニーレボーヌ プルミエクリュ “ラドミノード” ルージュ 2011 Louis Jadot Savigny les Beaune 1er Cru “La Dominode” Rouge 正規品,安い

■ 商品画像は2008年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ “ラ・ドミノード” ルージュ》 鮮やかな赤いベリー系のフルーツと香りの良い洗練されたブーケがあります。大変魅力的で新鮮、酸味も心地よく、果実味豊かなワインです。赤身肉や白身肉、または鳥・猟肉類の軽めの料理と大変相性が良いです。 サヴィニー・レ・ボーヌはボーヌ北部にあり、アロース・コルトン村やボーヌ村に接しています。ルイ・ジャド社は、1989年に、すばらしい東向きの畑を手に入れました。その“ラ・ドミノード”畑は、村の南部にあり、ボーヌ村との境界に近いところにあります。土壌は砂利が多く、より上品なワインを産します。 ルイジャド サヴィニーレボーヌ プルミエクリュ “ラドミノード” ルージュ 2011 Louis Jadot Savigny les Beaune 1er Cru “La Dominode” Rouge 正規品,安い

ルイラトゥールアロースコルトン プルミエクリュ“レシャイヨ” 2010 Louis Latour Aloxe Corton 1er Cru “ Les Chaillots” 品質保証,人気

Vintage2010年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ アロース・コルトン プルミエ・クリュ“レ・シャイヨ” アロース・コルトンは、ルイ・ラトゥール家の出身地であることから、300年以上にわたりこの村に深く関わりをもっています。この地域のぶどう畑の総栽培面積のうち、ルイ・ラトゥール家が、シャトー並びに醸造所として有名なコルトン・グランセイを中心に約13%を管理しています。 ラトゥール家はこの村の出身で、300年以上にわたりこの村に深く関わりをもっています。今日では村一番名高い、優れたぶどう栽培者として多くの人々の尊敬を集めています。『レ・シャイヨ』という名は、この畑の土壌の石の多い、小石だらけの特徴を表しています。『caillou』とは『小石』という意味です。 ■ ルイ・ラトゥール アロース・コルトン プルミエ・クリュ“レ・シャイヨ” このワインは非常に特徴的で、焼いたばかりのパンを連想させるブーケがあると言われます。チェリーやリコリスのアロマも感じられます。コート・ド・ボーヌの優雅さと、コート・ド・ニュイの滑らか且つ力強さといった特徴を融合した、アロース・コルトンのワインといえます。10年を超えて熟成させても十分に楽しめるワインです。 ルイラトゥールアロースコルトン プルミエクリュ“レシャイヨ” 2010 Louis Latour Aloxe Corton 1er Cru “ Les Chaillots” 品質保証,人気

ルイラトゥールオークセイデュレス 2008 Louis Latour Auxey Duresses 安い,格安

Vintage2008年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種シャルドネタイプ白/辛口/ミディアム~フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ オークセイ・デュレス  県道973号線沿いに東西に長く伸びるオークセイ・デュレスの村の畑は3ヶ所に分かれています。街道の北側は、モンターニュ・デュ・ブルドンの南向き斜面、街道の南側はモン・ムリアンの北向き斜面でムルソーに続いています。ムランの南東向き斜面の畑は飛び地状になっています。オークセイ・デュレスのワインは、「コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ」として販売されることが多かったために、偉大な価値があるにもかかわらず、しばしば過小評価されてきました。 ■ ルイ・ラトゥール オークセイ・デュレス グリーンがかった黄金色を呈し、ヘーゼルナッツやライムの花を思わせるアロマがあります。クリームのような滑らかさがあり、近隣の畑であるムルソーのような印象を与えます。直ぐにでも、数年後も楽しめるワインです。 ルイラトゥールオークセイデュレス 2008 Louis Latour Auxey Duresses 安い,格安

ルイラトゥールヴォーヌロマネ 2012 Louis Latour Vosne Roman eacute;e 新作登場,大得価

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ヴォーヌ・ロマネ  ヴォーヌ・ロマネは地理的・気候的・また土壌的要素により、ブルゴーニュ全土でも最も優れたぶどうを生産する地域のひとつです。醸造のプロセスにおいて、数世紀にも渡り、つくり手たちが最大のケアを払ってきたお陰で、ヴォーヌ・ロマネはその名声を高く保ち続けています。 ルイ・ラトゥールのヴォーヌ・ロマネは、ブルゴーニュ地方全域でも、最も優れた地理的条件や土壌、気候のもとで栽培されるブドウです。その個性を十分に引き出した、みずみずしい芳香と滑らかな飲み口が特徴です。 《ルイ・ラトゥール ヴォーヌ・ロマネ》 官能的で魅力的な香りに富み、味わいには洗練さがありますが、内には力を秘めています。ブルゴーニュのワインのなかでも、長期熟成に耐えうるワインです。 ルイラトゥールヴォーヌロマネ 2012 Louis Latour Vosne Roman eacute;e 新作登場,大得価

ルイラトゥールマルサネル-ジュ 2014 Louis Latour Marsannay Rouge 正規品,定番人気

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ マルサネ  マルサネは、ディジョンのすぐ南に位置する、絵のように美しい小さな村です。ブルゴーニュの最北端の村であり、ジュヴレ・シャンベルタンから約5km北にあります。ここマルサネからコート・ドールの著名な村々が始まります。マルサネは、1987年にアペラシオンのひとつとなりました。 ルイ・ラトゥール社は、設備を改良したポマールのワイン醸造所で、伝統的なブルゴーニュの醸造方法に基づいて、細心の注意を払って栽培された最良のぶどうから、この味わい深いマルサネをつくります。このワインは、開放式の大桶で発酵し、時々手作業にて櫂入れ(ピジャージュ)を行います。このことによって非常に豊かな果実香と美しい色合いが生まれるのです。発酵後、自社製のオーク樽で10~12ヶ月熟成させます。 《ルイ・ラトゥール マルサネ・ル-ジュ》 鉄分の含んだ土壌により力強いワインであり、凝縮した赤い果実のブーケが口中に広がります。野生味と成熟したタンニンをもちながら、絹のような滑らかな味わいを備えています。 ルイラトゥールマルサネル-ジュ 2014 Louis Latour Marsannay Rouge 正規品,定番人気

ルイジャドモルゴン シャトーデジャック 2012 Louis Jadot Morgon Chateau des Jacques 100%新品,限定SALE

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ガメイ タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド モルゴン モルゴン シャトー・デ・ジャック》 12~20日間タンクで醗酵させます。2001年ヴィンテージの収穫から、シャトー・デ・ジャックと同じように、“コート・ド・ピィ”、“ベルヴュー”、“レ・シャルム”の3つのクリマから特別なキュヴェを造ることになります。深いサクランボ色をして、香りはクルミ、赤色をしたフルーツの果肉が感じられます。まろやかなタンニンを持ち、熟成させることができるでしょう。 ボージョレ地域はブルゴーニュ地方のブドウ栽培地の一部です。コート・ドール、シャロネ、マコネの南部にあり、約22,000haに広がっています。モルゴンはそのボージョレ地域10のクリュの一つで、約1,100haに広がり、結晶片岩と花崗岩からなる土壌にあります。 シャトー・ド・ベルヴューはヴィリエ・モルゴン村上部の丘の上にあり、南と南東側を向いた斜面に広がっています。ルイ・ジャド社は2001年にモルゴンにある35haの畑を購入しました。 ルイジャドモルゴン シャトーデジャック 2012 Louis Jadot Morgon Chateau des Jacques 100%新品,限定SALE

ルイラトゥールシャトーコルトングランセィ 2009 Louis Latour Ch acirc;teau Corton Grancey 豊富な,定番人気

Vintage2009年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ シャトー・コルトン・グランセィ コルトン・グランセイのワイナリーは、1832年まで遡ることができますが、ドメーヌ・ルイ・ラトゥール社の中心的な位置付けとなったのは、フィロキセラ禍の後、1891年以降のことです。シャトー・コルトン・グランセィは、ピノ・ノワール種ぶどうの熟成が完璧な年にのみにつくられる逸品です。ルイ・ラトゥール社が所有するコルトンの畑の中でも、平均樹齢が40年以上の“レ・ショーム”、“レ・プジョー”、“レ・ペリエール”などの最高の立地条件に恵まれた畑から収穫される上質のピノ・ノワールのみを選定し、ブレンドされます。コルトン・グランセイのセラーで10-12ヶ月熟成した後、樽ごとに厳密にテイスティングされます。端正な色合いとブーケを兼ね備え、熟成に適していると判断された極上の樽のみが、最終的にブレンドされ、シャトー・コルトン・グランセィとして生み出されます。 ■ ルイ・ラトゥール シャトー・コルトン・グランセィ この卓越したワインは、繊細でありながら力強く、赤い果実やベリー系の濃密なアロマを感じさせ、プラムやほのかなオークの香りが特徴的な、ルイ・ラトゥール家のこだわりの結晶ともいえるワインです。 《2009 vintage》 美しくルビーレッドの色が際立っています。土っぽさがあり赤い果実やスパイス、リコリスなどの香りが複雑に混ざり合っています。口に含むとまろやかで、香りと同じジューシーなフレーヴァーが広がり、コーヒーのニュアンスも感じられます。滑らかなタンニンと見事に調和しています。 ルイラトゥールシャトーコルトングランセィ 2009 Louis Latour Ch acirc;teau Corton Grancey 豊富な,定番人気

ルイラトゥールジュヴレシャンベルタン 2011 Louis Latour Gevrey Chambertin 新作,セール

Vintage2011年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ジュヴレ・シャンベルタン  コート・ド・ニュイからの伝統的なブルゴーニュ赤ワインです。村はその地で最も有名な畑、グラン・クリュ“シャンベルタン”から名づけられました。 ルイ・ラトゥール社のジュヴレ・シャンベルタンは、絹のように滑らかで柔らかく、ストロベリーやチェリーの香りが感じられます。熟成を経ると、皮やリコリス、ジビエなどを思わせる香りや味わいが現れます。 ■ ルイ・ラトゥール ジュヴレ・シャンベルタン この深い色合いのピノ・ノワールは、カシスと新鮮なラズベリーのアロマに溢れています。口に含むと優美なテクスチャーであり、熟した繊細なタンニン、熟した果実、わずかなスパイスが感じられます。 ルイラトゥールジュヴレシャンベルタン 2011 Louis Latour Gevrey Chambertin 新作,セール

ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 格安,豊富な

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャブリ “セリエ・ド・ラ・サブリエール”》 土壌はシャブリのワインを特長的なものにする、石灰質の泥灰土質(キンメリジャン)です。シャブリ“ラ・サブリエール”はステンレスタンクで発酵され、その後数ヶ月間熟成されます。グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や白い花を思わせる香りがします。果実味のある、心地よい酸味が特徴です。若いうちに飲まれると酸味が心地良いが、5年間は容易に熟成させることができます。 ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 格安,豊富な

ローランルーミエ シャンボールミュジニー 2013 Laurent Roumier Chambolle Musigny 安い,本物保証

Vintage 2013年 生産者 ローラン・ルーミエ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ローラン・ルーミエ」Domaine Laurent Roumierブルゴーニュ地方、シャンボール・ミュジニー村の名門ドメーヌである、 『ジョルジュ・ルーミエ』を祖父に持ちドメーヌ・エルヴェ・ルーミエの 従兄弟に当たるのが、 ローラン・ルーミエ です。1991年に同じ村で独立してドメーヌを作りました。 まだ若い夫婦2人のみで醸造から経営まで行う小さなドメーヌですが、 独立に際して、ジョルジュ・ルーミエが所有していた、 クロ・ヴージョを1ha分けてもらうという、 非常に幸運なスタートを切りました。 《ローラン・ルーミエ シャンボール・ミュジニー》 フランボワーズなどの果実と、大地の香りとピュアな果実味がハッキリと出ており、タンニンに若干堅さもありますが、果実味とのバランスは素晴らしく、エレガントで優しいワインに仕上がっています。 ローランルーミエ シャンボールミュジニー 2013 Laurent Roumier Chambolle Musigny 安い,本物保証

ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 新作入荷,2019

Vintage 2010年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャンボール・ミュジニー》 ルイ・ジャド社のシャンボル・ミュジニーは、約3~4週間タンクで醗酵、その後、約12~15ヶ月間樫樽で熟成されます。色づきはとても良く、幾分スパイシーな香りと、よく熟した小ぶりの赤い果実の芳醇な香りを放ちます。ルイジャド社は、肉付きが豊かで、上品、またフィネスのあるシャンボル・ミュジニーを生産します。タンニンは目立つが、非常にこくがあり、上品なものです。酸味は少なく、肉付きの良さによって、抑えられています。そのヴィンテージと保存状況によって、8~12年は熟成することができるでしょう。 シャンボル・ミュジニーは面積が小さいにもかかわらず、大変名声の高い村です。その名声はワインの品質とプルミエ・クリュの評判の高さのおかげです。 土壌は石灰質で、砂利や小石の多さによって軽くされています。その影響は、シャンボル・ミュジニーの柔らかく、解け合わさったような構成に確かに出ています。畑は東‐南東向きです。 ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 新作入荷,2019

ルイラトゥールヴォルネイ 2011 Louis Latour Volnay 100%新品

Vintage2011年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ヴォルネイ ヴォルネイ村は、近くのポマール村から数百ヤード離れた、小さな丸い丘の平地に位置しています。この村を支配していた、14世紀に建てられた教会の外にある小さな広場からは、ブルゴーニュの平地を見渡すことができ、晴れた日には、遠く雪を被ったモンブランを臨むことができます。このワインは、エレガントで構成がとれており、森に茂る赤や黒のベリーを思わせる淡い  果実味に、スミレに似ていると言われるフローラルな香りも微かに感じます。古典的であり、伝統的なブルゴーニュ・スタイルのワインと言えるでしょう。 ■ ルイ・ラトゥール ヴォルネイ 熟した黒いベリー、とりわけ黒すぐりのブーケに魅了されます。オーク樽由来の心地よいヴァニラの香りも感じられます。フルボディで、しっかりとしたタンニンを持つため、あらゆる濃厚な料理に合います。 ルイラトゥールヴォルネイ 2011 Louis Latour Volnay 100%新品

ルイジャドシャサーニュモンラッシェ ルージュ 2011 Louis Jadot Chassagne Montrachet Rouge お得,最新作

■ 商品画像は2007年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャサーニュ・モンラッシェ ルージュ》 キルシュまたはさくらんぼ、カシスの香りと言ったクラッシクな香りがします。シャサーニュ・モンラッシェ ルージュはとても深い色をしており、力強く、コクがあります。そのボディは“コート ド ニュイ”のワインに非常に類似していることもあります。 シャサーニュ・モンラッシェはコート ド ボーヌの南部にある小さな村です。赤ワイン用のピノ・ノワールは主に石灰質泥灰土の畑で栽培されています。畑の標高は220m~340mで斜面は東から南東の方向に向かっています。 ルイジャドシャサーニュモンラッシェ ルージュ 2011 Louis Jadot Chassagne Montrachet Rouge お得,最新作

ルイジャド クロドラロッシュ グランクリュ 2007 Louis Jadot Cloe de La Roche Grand Cru 新作,品質保証

Vintage 2007年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド クロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュ》 グラン・クリュの中で最も骨格のしっかりしたワインが作り出されます。濃いルビー色が美しく、スミレとストロベリーを思わせる香りが印象的。品のある酸味が利いた風味豊かなワインです。 ルイジャド クロドラロッシュ グランクリュ 2007 Louis Jadot Cloe de La Roche Grand Cru 新作,品質保証

ブルゴーニュオーコートドニュイ ラヴィーニャ 2011 Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc”LAVINIA” 赤字超特価,定番

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ元詰 『ラヴィーニャ』 この珍しい幻のDRC元詰ワインは、西暦900年に建設された、 歴史的な「サン・ヴィヴァン修道院」の酒造庫復興事業の 一環として新しく造りだされました。10世紀初頭以来、ロマネ・コンティのワインは、「サン・ヴィヴァン修道院」のもとで耕されたことから、歴史に古くより最も「サン・ヴィヴァン修道院」に深く関与しています。 現在修復中の「サン・ヴィヴァン修道院」 ヴォーヌ・ロマネの西側にある「ラベイ・ド・サン・ヴィヴァン」跡地の畑で栽培された葡萄をドメーヌ・ロマネコンティ社の醸造責任者「ベルナール・ノブレ氏」のもとで醸造からボトリングまで行われています。1998年がファーストヴィンテージで当初は「Cave Auge」で売り出されました。1999年からは「Lavinia」でも売り出され毎年少量日本に輸入しています。現地では売上金がサン・ヴィヴァン修道院の活動費として役立てらています。 【ブルゴーニュ・オー・コート・ド・ニュイ 『ラヴィーニャ』】 フランスの有名なワインショップ「ラヴィーニャ」・「カーヴ・オージュ」の為だけに製造しています。年産200ケース前後と生産量が少なく、市場にほとんど出回ることのない逸品です。熟成香が有り、上品なシャルドネの丸みのある、ふくよかな白ワインとなっています。 ブルゴーニュオーコートドニュイ ラヴィーニャ 2011 Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc”LAVINIA” 赤字超特価,定番

ルイジャド ロゼドマルサネ “ドメーヌクレールダュ” 2013 Louis Jadot Rose de MarsannayDomaine Clair Dau お買い得,新作

■ 商品画像は2008年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ロゼ・ド・マルサネ “ドメーヌ・クレール・ダュ”》 爽やかさのすばらしいバランスを持ち、辛口のピノ・ノワールで、その土壌を思わせる香りがします。マルサネ・ロゼはピノ・ノワール100%のワインで、1919年にジョゼフ・クレール・ダユ氏によって造られました。その後、1987年にマルサネがAOCと認定され、赤・白・ロゼ3種類のワインが初めてAOCに認定された村です。マルサネ村はディジョン市の郊外にあたります。 ルイジャド ロゼドマルサネ “ドメーヌクレールダュ” 2013 Louis Jadot Rose de MarsannayDomaine Clair Dau お買い得,新作

ルイジャドサントーバンブラン 2012 Louis Jadot Saint Aubin Blanc 人気定番

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド マコン・ヴィラージュ サントーバン・ブラン》 ヘーゼルナッツや心地良い桃を思わせる香りがはっきりと感じられます。バランスの取れた酸味、こく、ワインの特質である熟した果実のしなやかなエキス分が調和しています。長い余韻の終わりにはすっきりとした柔らかなオークの風味が残ります。 ルイジャドサントーバンブラン 2012 Louis Jadot Saint Aubin Blanc 人気定番

ルーデュモン フィサンルージュ 2012 Lou Dumont Fixin Rouge 100%新品,品質保証

Vintage 2012年 生産者 ルー・デュモン 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ルー・デュモン」 《醸造家:仲田 晃司 氏》 大学生の時アルバイトをしていた上野のフレンチレストランでワインと出会い、将来は自分の手で美味しいワインをつくってみたいとの夢を抱く。 1995年、フランスへ。各地のワイン生産者のもとで醸造を修行し、1999年、ボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位を取得。モメサン社他、ネゴシアン数社を経て2000年7月7日、メゾン・ルー・デュモンをニュイ・サン・ジョルジュに設立、醸造家としワイン生産に従事。2003年3月1日、メゾンをジュヴレ・シャンベルタンに移転すると同時に同社代表に就任。 《名前の由来》 Dumont(山という意味)は、仲田氏の生まれた故郷、岡山県の高梁にある、町のシンボル的存在のお城山(松山城)をイメージしたもので、心の中にはいつも故郷があるという意味でつけた名前です。Louとは、仲田夫妻が(カトリック教の洗礼式における)“代親”になった、今年5歳になるルーちゃんという女の子にちなんだ名前です。 ■ ルー・デュモン フィサン・ルージュ 平均樹齢30年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵。エマニュエル・ルジェがエシェゾーに1回使用した樽50%、ルジェ2回使用樽(AOCは不明)20%、マルサネ社製新樽30%で18ヶ月間の樽熟成。無清澄、ノンフィルター。樽で買い付け。 ルーデュモン フィサンルージュ 2012 Lou Dumont Fixin Rouge 100%新品,品質保証

ラジブリオットジュヴレシャンベルタン 2006 La GibryotteGevrey Chambertin 人気SALE,最新作

Vintage 2006年 生産者 ラ・ジブリオット 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ラ・ジブリオット」 ラ・ジブリオットはジュブレ・シャンベルタン村でトップの生産者として評価の高いクロード・デュガ氏の息子のベルトランと娘のレティシアが、ネゴシアン「ラ・ジブリオット」として立ち上げたワイナリーです。 経営はデュガの息子ベルトランと娘レティシア、ジャンヌが携わっています。3人は若く活力にあふれており、父親のクロード・デュガが築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを父から直接学び、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す情熱に溢れています。 ■ ラ・ジブリオットのワイン ワインは20~30のサンプルの中から家族全員でブドウの持つ芳香と個性を重視して厳選し、ラ・ジブリオットのカーブにて注意深く樽熟成させます(ドメーヌで一度使用したもの)。毎週こまめに行うウイヤージュ、手作業の澱引きなど、ドメーヌ・クロード・デュガの伝統的技術の恩恵をふんだんに受けて造られました。 近年、エレガントなピノ・ノワールが増え続ける中、彼らが仕込んだワインは、父が造り出すワインに負けず劣らず素晴しく高品質で、ジュブレ・シャンベルタンに必要なしっかりとした構造、並外れた芳香、凝縮感と今後の熟成を可能にするしっかりとした酸を背景に持っているのが特徴です。 《ラ・ジブリオット ジュヴレ・シャンベルタン》 口の中に果実味がふんだんに溢れるとてもジューシーなワイン。ピノ・ノワールの繊細さ、エレガントさと共にこの土壌が持つ力強さ、ミネラル香も感じられるバランスの良く取れたワインです。 ラジブリオットジュヴレシャンベルタン 2006 La GibryotteGevrey Chambertin 人気SALE,最新作

DRC エシェゾー 2009 DRC Echezeaux 赤字超特価,2019

Vintage 2009年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ エシェゾー コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC エシェゾー 2004】 グラン・エシェゾーの西と南に広がる畑で、味わいはしばしば「グラン・エシェゾ-の弟」と表現されます。ドメーヌ ド ラ ロマネ・コンティのワインの中では最も早熟で、早くから楽しめます。軽やかで優美な、親しみやすいワインです。4.67ヘクタールのピノ・ノワール種のブドウ畑で、年間1340ケースのワインが製造されます。 DRC エシェゾー 2009 DRC Echezeaux 赤字超特価,2019

ルーデュモン ブルゴーニュルージュ 2013 Lou Dumont Bourgogne Rouge お得,大得価

Vintage 2013年 生産者 ルー・デュモン 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ルー・デュモン」 《醸造家:仲田 晃司 氏》 大学生の時アルバイトをしていた上野のフレンチレストランでワインと出会い、将来は自分の手で美味しいワインをつくってみたいとの夢を抱く。 1995年、フランスへ。各地のワイン生産者のもとで醸造を修行し、1999年、ボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位を取得。モメサン社他、ネゴシアン数社を経て2000年7月7日、メゾン・ルー・デュモンをニュイ・サン・ジョルジュに設立、醸造家としワイン生産に従事。2003年3月1日、メゾンをジュヴレ・シャンベルタンに移転すると同時に同社代表に就任。 《名前の由来》 Dumont(山という意味)は、仲田氏の生まれた故郷、岡山県の高梁にある、町のシンボル的存在のお城山(松山城)をイメージしたもので、心の中にはいつも故郷があるという意味でつけた名前です。Louとは、仲田夫妻が(カトリック教の洗礼式における)“代親”になった、今年5歳になるルーちゃんという女の子にちなんだ名前です。 ■ ルー・デュモン ブルゴーニュ・ルージュ ニュイ・サン・ジュルジュ村内のACブルゴーニュが40%、メルキュレー村内のACブルゴーニュの有機栽培ブドウが30%で、残りの30%は、AOCジュヴレ・シャンベルタンとAOCサヴニー・レ・ボーヌを格下げしてブレンドをしています。平均樹齢30年。収穫量45hl/ha。天然酵母のみで発酵。マルサネ社製ジュピーユ森産(シャトー・ディケムでも使用されている貴重な名樽)の新樽率20%で18ヶ月間樽熟成。無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。 ルーデュモン ブルゴーニュルージュ 2013 Lou Dumont Bourgogne Rouge お得,大得価